Amazonで返品(返金)・交換する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonで返品・交換・返金する方法

昔と比べると今は滅多にありませんが、Amazon(アマゾン)で返品・交換する方法を紹介します。

商品を使用していなければ「返品」(返金)
商品を使用していれば「交換」

‥になります。

自作パソコン等を作る場合、初期不良などで交換・返品することもあります。

簡単な流れとしては、以下のリンクでアマゾンへアクセス→ログイン→購入した商品を選択し→「返品・交換」を選びます。(↓)

返品・交換手続きの流れ
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200936070

自作パソコンの場合は、組んでから気付くと思うので「交換」になります。

配線が合っているのに起動しなかった場合など、初期不良を疑う必要があります。

最も初期不良が多いパーツは「マザーボード」と「ビデオカード」(グラフィックボード)です。

それ以外のパーツに関して初期不良で故障している可能性は低いです。

かろうじて次点として「ハードディスク」と「電源」だと思います。

組んでからであっても起動しないという正統な理由であれば30日以内であれば交換は可能です。

また気付くのが遅くてAmazonで交換できなかった場合、そのパーツの入っていた箱や説明書に、「電話番号」と「保証書」も入っているはずです。

大半ののパーツは、短いもので1ヶ月・3ヶ月、普通なら1年くらいは交換サポートを受け付けているので連絡してみればいいです。

私も過去に何度か利用しましたが、アマゾンも、パソコンパーツの会社も丁寧に対応してくれます。

2013年09月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

記事を書いた人



時田憲一(ときたけんいち)こと時ニール(tokeyneale)です(・ω・)ノ
とある国立大学の教育学部/心理発達科学。心理学者・認定カウンセラー。動機付け理論・自己愛・対人関係が主な研究領域。数理統計データサイエンティスト。
ねこ好き・本好き・禅好き・PC好き。

時田憲一がこっそり教えるメルマガ(トキマガ)

【無料】心理カウンセラー時田がこっそり教える自由になれる話
は必須項目です
    メールアドレス

      
※迷惑メールアドレスに届いている場合もございます。ご確認ください。

※ご入力頂きましたメールアドレスは、私(時田憲一)の独自メルマガ(ステップメール/自動メルマガ)に仮登録(代理登録)及び
私の「心理カウンセラーがこっそり教えるビジネス心理学」に約一週間後に仮登録(代理登録)されます。 (まぐまぐからの発行メールマガジンID:0001615461)メルマガがご不要な場合は
http://www.mag2.com/m/0001615461.html
及びメールの解除アドレスによりいつでも解除することが可能です。

なお、まぐまぐ公式メルマガには登録されませんので、ご安心下さい。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ